保険のビュッフェによくある疑問:貯金ない状態で子供が生まれた時入るべき保険

これからできる準備をしっかりと

貯金がない状態で子供ができることに不安を抱える親御さんは少なくないですが、生まれてすぐの段階では食費や消耗品が必要になるだけで、実はあまり負担は増えません。本格的に養育資金が必要になるのは幼稚園や小学校に行き始めるところからです。

独身時代と並んで、貯金を作るタイミングでもあるのです。保険のビュッフェでは学資保険についても知識を持ったFPに相談することができます。現在の収入や、将来的に予定している子供の人数、大学まで進学させるかなど、計画に基づいたアドバイスが受けられます。不安に思うことはありません。

 

貯金よりも有利な学資保険

学資保険の予定利率は預貯金よりも高く、子供の将来の備えには必要不可欠です。就学までにどのくらいの貯金ができるか、毎月いくらまで養育費に充てることができるかで、支給を開始するタイミングが異なってきます。なるべく遅くまで支給を伸ばせるほうが利率の面では有利になります。保険のビュッフェでは保険だけでなく、相談者のライフプラン全体へのアドバイスを行っています。

利率と家計の状況を考慮した最適な支給のタイミングについても相談することができます。学資保険は親にもしものことがあった場合に以後の保険料支払いが免除されたり、医療保障も付けられるものがあります。特に不安に思う部分に対応した保険を選びたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です